糖尿病へ効果

お茶っていろいろ効果があって健康にいいといわれていますが、その中でも糖尿病にいいといわれているのがヒュウガトウキ(日向当帰)というお茶です。

 

ヒュウガトウキ(日向当帰)には食物繊維、ビタミンB2が豊富に含まれています。

 

食物繊維はコレステロール値を下げる効果があり、血糖値の上昇を防ぐ働きがありますし、ビタミンB2は細胞の新陳代謝を促進し、糖尿病予防の効果やダイエット効果があるといわれています。

 

ですので、この食物繊維とビタミンB2が豊富に含まれているヒュウガトウキは糖尿病に効果的だといわれているというわけです。

 

ヒュウガトウキ事態に糖尿病を治す効果はあるというわけではありませんが、食事療法や糖尿病薬と併用することにより、高血糖値の状態をコントロールし合併症の発生を抑えてくれるのです。

 

糖尿病は合併症が怖く、糖尿病の合併症として糖尿病性網膜、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などが挙げられます。

 

また、動脈硬化が進みやすくなるため、脳梗塞、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症なども引き起こす可能性があるので怖いですよね。

 

血管が詰まるということですから、運よく生き延びれたとしても、何かしら体に問題が残ってしまう可能性が高いですからね。

 

糖尿病の方はまずは食事療法や運動療法などを行うことが大事だと思いますし、ヒュウガトウキのお茶なども組み合わせることにより、予防していくことは非常に大事なことですね。